ご予約・
お問い合わせ

コラム

生理中にお腹がゆるくなる理由

生理前は便秘になりがちで、生理が来ると今度はお腹がゆるくなって下痢気味になってしまったりしませんか。

これはホルモンバランスの変化によるもの。

そんな女性ホルモンと腸の深い関係をお話します。

 

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

 

排卵までは卵胞ホルモンの分泌が多く、排卵から次の生理までの期間は黄体ホルモンの分泌量が増えます。

 

排卵前や排卵後は妊娠に必要なホルモンである黄体ホルモンの量が増え胃腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

 

生理が始まると黄体ホルモンの分泌量が少なくなり、プロスタグランジンというホルモンが分泌され、子宮を収縮させるのと同時に腸も収縮させ、腸を活発にさせるのです。

その結果、便の量が増え、ひどい場合は下痢が続くことになるのです。

 

生理や性器の悩みって、人になかなか話せなくて『これってわたしだけ?』と一人で悩みがち。

わたしは職業柄もあり、いろいろとオープンに話すのですが『結構みんな同じことで悩んでいるんだな』というのが正直な感想です。

 

恥ずかしがらず、まずは親しい友人と知識や考えをシェアするのもいいかもしれません。

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

メールフォーム

こちらのメールフォームから
ご連絡ください。

LINE@

こちらから友だち追加していただくと簡単にご予約いただけます。

TOPへ
Bitnami